古材を使った時の耐久性は大丈夫?

古い木材だから弱いということはなく、新材より古材の方が強度が高いのです。
木は伐採されてから乾燥することにより強度が増しますが、古民家で使われている古材は時間をかけて天然乾燥され強度が高まったものです。
樹齢100年のヒノキの場合ですと、伐採されてから100年後が最も引っ張り強度・圧縮強度が増しているという研究結果もあります。

カテゴリーの記事